マクドナルドでセルフレジを使ってみる!!


以前からカナダのマクドナルドではよくセルフレジの機械が置いてあるのを目にしていたのですが、先日ついに初めて利用してみました。

カナダでは2015年からセルフレジの導入が本格的にはじまったようですが、ここWinnipegでは、いまではほとんどのマクドナルドでこの機会を利用すことができます。しかし、以前住んでいたVictoriaでは、一度も見かけなかったんですけどね?ただ僕が一度もマクドナルドに行かなかったのかな?似たようなファストフードショップがいっぱいあったから、そこのところは記憶がさだかではないです。

 

とにかくこれがセルフレジです!!

タッチパネル式でクレジットカード、デビットカードなどを持っていれば注文から会計までこの機会ひとつでできてしまいます。

 

操作の仕方

1、言語の選択 ※カナダでは英語もしくはフランス語が選択可能

2、店内で食べるか、持ち帰るか選択

3.食べたいもの、飲みたいものを選択

単品かセット、ハンバーガーのトッピング、コーヒーのミルクやシロップの数まですべてこの機械が聞いてくれます。

4、注文の確認をして、会計へ

カードでの会計を選択すれば会計レジに行かずに、受け取り口で自分の番号が呼ばれるのを待つだけです。このとき僕は現金払いを選択したので、レシートをもってレジ係の人に会計してもらう必要がありました。

5、商品の受け取り

 

これだけ!!

はじめてセルフレジを利用して見ての感想は、とても便利。以前マクドナルドで働いていたので、お昼時の忙しさはよく知っています。備え付けてあるレジをいくらフル回転させてもお客さんの列が永遠に続いているのです。僕が行ったときは、人がそこまで多くなく、別にこの機会を使わなくてもよかったのですが、この機会は忙しいときに大活躍するのでしょう。

あと個人的にレジの人の前でメニュー選びに時間をかけることに気が引けるので、機械の前でゆっくりメニューを選べるのはとてもうれしいです(^^♪

日本でも何店舗かでは導入されているようです。とても便利な機械なので、カナダ同様日本でも導入が進むと思います。

この機械のことを調べるために、いくつか記事を読んで見たのですが、すべていいことばかりではないようでした。マクドナルドは最低賃金の向上を宣言していて、こういった機械の導入によって従業員の人数削減をするのではないかという懸念などがあるそうです。機械と人との関係はよく議論の対象になるので世の中がどういうふうになっていくのか興味深いです。

 

ふと思ったのですが、セルフレジでスマイルは買えるんですかね?

もし買えないとしたら、もしすべてセルフサービスになったら、スマイル0円もなくなってしまうんですね(´・ω・`)

お客さんによく冗談交じりで注文されて、あたふたしていた学生時代を思いだします。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です