【徹底分析】東南アジア周遊100日間ひとり旅の費用を公開【Workaway ボランティア】

こんにちは、セカイ君です。

東南アジアを100日間旅するのにいくらかかると思いますか?

東南アジア周遊100日間は10万円でできます!!

10万円というのは実際に僕が旅をした際に使用した金額を参考にして計算しました。安い理由は

移動 → 数週間ボランティア → 移動 → 数週間ボランティア

と移動や観光を少なくして、一つの場所に数週間滞在し現地の生活を体験することに重点を置いて旅をしたからです。

ちなみに日本縦断19日では5万円ほどで行けました。詳細はこちら

「アドベンチャーな旅がしたい」「人との交流がある旅がしたい」方に参考にしてもらえるはずです。

 

 

旅のルート・スタイル

 

Polarstepsのサイト

 

まず僕がどのような旅のスタイルをとってきたか紹介します。「経路」や「期間」などがあなたやりたい旅と合っているのかチェックしてみてください。

 

旅のルート

🇯🇵福岡出発 → 🇹🇭タイ → 🇲🇾マレーシア → 🇧🇳ブルネイ → 🇵🇭フィリピン → 🇯🇵福岡

 

旅のスタイル

 

ルート : 🇹🇭タイ → 🇲🇾マレーシア → 🇧🇳ブルネイ → 🇵🇭フィリピン

総日数 : 100日

移動距離 : 15000km

移動 : 飛行機(6回)、フェリー(4回)、ヒッチハイク(6回)、高速バス・電車・バイク(多数)

宿泊 : Workaway(70泊)、友達の家(7泊)、ゲストハウス(12泊)、Couchsurfing(3泊)、野宿、空港泊、その他

食事 : まかない、コンビニ、レストラン

旅をした理由 : 海外での長期の旅をしたかった。海外でヒッチハイク、野宿、Couchsurfing、YouTubeの撮影などをしてみたかった。Workawayを使ってみたかった。

移動には飛行機、フェリー、高速バスと時間をかけないようにしました。またボランティアをさせてもらうことで数週間の間一つの場所に滞在し、居住地と食事を提供してもらいました。

旅を考えている方なら知ってい方もいるかもしれませんが、ボランティアサイト「Workaway」について紹介します。

「workaway」とは、「1日あたり数時間のボランティア活動と引き換えに、食事と宿泊設備を受け取る」ことができる情報サイトであり、「働き手と働き手を探している人をつなぐマッチングサイト」でもあるとのこと。

Workawayサイト

 

 

東南アジア周遊100日間の費用を公開

 

 

 

東南アジア周遊にかかる費用項目

 

【旅を始めてから】

・交通費

・宿泊費

・食費

・観光

・その他 : お礼代、洗濯代、生活用品代など

 

「交通」「宿泊」「食事」が旅の費用に関する大きな項目です。この3つをどのようにするかで必要な費用が変わってきます。

僕の経験上、

宿泊費 > 交通費 > 食費

の順番で費用が大きくなります。

 

今回の旅では宿泊・食事はボランティアのホストに提供してもらう。一箇所に長く滞在することで移動を極力しないようにすることで節約をしました。

 

 

実際の費用を公開!!

 

【東南アジア周遊100日間の費用】

・宿泊費    8,815円

・交通費    131,511円

・食費      15,087円

・その他     2,779円

・その他     28,564円

・合計     161,896円

 

僕が実際に支払った金額は16万円です。コロナによる緊急帰国のために航空チケット代が6万円ほど余計にかかってしまったためです。

なので、東南アジア100日間の費用は10万円としています。

 

詳細はこちら

 

 

航空チケットの日程変更などを何度かしたので、余計なお金を使ってしまいました。今回の旅では日本を出発する前にボランティアの受け入れ先を決め航空券を買っていたので、予定を調整するのが大変でした。

観光ビザでの滞在可能期間は絶対に確認してください!!国によって3ヶ月と長いところもあれば2週間と短いところがあります。これを間違うと全ての予定が狂います;;

旅の様子はYouTubeに投稿していたので、動画を数本みてもらえばどのような旅をしていたのか雰囲気がわかると思います。

 

                                   

 

「宿泊費」「交通費」「食費」の詳しい内訳

3つの項目を掘り下げていきます。「このお金は不要だったな」と思うところを指定しているので費用の節約の参考にしてください。

 

宿泊費について

 

宿泊費についてはWorkawayのおかげでかなり節約できたと思います。宿泊でお金を使ったのはゲストハウスのドミトリーで一泊400〜1500円くらいでした。

急な予定変更などで当日予約をしなければならない状態になると高い宿に泊まる羽目になるので注意が必要です。

 

【8,815円の振り分け】

・ゲストハウス(12泊)  8,815円

・Workaway、野宿、空港泊   0円

 

 

交通費について

 

移動に関しては航空券の手配でかなり余分な出費をしてしまいました。そのほかの高速バス、フェリー、市内電車、バスなどは比較的安いですし、ほぼ定額なので節約する必要はないかなと思います。

 

【131,511円の振り分け】

・🛩福岡 → バンコク         27,050円 ⬅︎日程変更のため12,000円余分な出費

・🛩クアラルンプール → ブルネイ    7,180円

・🛩ブルネイ → マニラ         9,500円

・🛩マニラ → 成田 → 関空 → 福岡  70,100円 ⬅︎コロナのため大幅な変更。60,000円余分な出費

・ヒッチハイク タイ → マレーシア       0円

・その他(近場の移動、高速バス、フェリー等) 17,681円

 

 

食費について

  

 

食事についても、ほぼボランティア先のホストに提供してもらいました。外食することがあっても東南アジアの物価が安かったおかげで美味しいものを好きなだけ食べれました。

食堂や屋台などで食事をとれば一食300円いないで満腹食べれました。しかしレストランなどに入ると日本とかわらない値段になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

最後に

東南アジア周遊100日を10万円と安く旅をできたのはいろいろな方々にお世話になったからです。ありがとうございました。

長い間旅をしていると人にお世話になることに慣れてしまいそうになります。人の善意を受け入れることを遠慮する必要は全くないと思いますが、常に謙虚でいることが大切だと思います。

旅に出て色々な人と出会い面白い話を聞かせてあげましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です