ジョブインタビュー&サンキューレター!!

Job Interview and  Follow up!!

今日は以前レジュメを落したホテルから面接をしていただけると連絡があったので行ってきました。

僕は永住権申請条件を満たすためのフルタイムの仕事を一つ持っています(週30~40時間必要)。以前はクリスマスや年末などでお店も忙しく週40時間のシフトをもらっていたのですが、最近は落ち着いてきたので週4日、32時間のシフトが増えてきました。

そこで、2か月ほど前から休みの日に色々なホテルにレジュメを落としに行っていました。ちなみに僕は以前日本でホテルの仕事をしていたので、こちらでもホテルに関係する仕事がしたいと思いハウスキーピング、ルームアテンダントのパートタイムポジションを探しています。

6か月前の10月ごろウィニペグに引っ越してきてすぐの時も仕事探しをしていたのですがその頃はどのホテルも閑散期に入る時期のため、どんなにレジュメを落としても連絡をもらえなかったのです。しかし最近は求人を出しているところも多く仕事を探しやすくなっていると思います。

 

では、今日のジョブインタビューの流れを紹介していきます。

1、時間通りに面接会場に行く ※当たり前ですが、カナダだでも日本同様遅刻は厳禁です。しかし、早すぎるのもよくないようで5分前ぐらいに行くのがいいと思います。

 

2、挨拶 ※握手をして、お互いに自分の名前を伝えます。ここでしっかり相手の名前を覚えましょう。日本とは違いこちらでは、会話の中で相手の名前を呼ぶ機会多いです。

 

3、スモールトーク ※面接の前に小話をする時間ができると思います。大抵は天気の話題などを話します。この時に面接をしてくれることについて感謝の気持ちを伝えたり。どれだけその仕事がほしいのか伝えるのもいいと思います。

 

4、面接での質問

Q:あなたについて簡単に教えてください

Q:このポジションの経験はありますか?

Q:どうしてこのホテルを選んだのですか?

Q:このホテルについて知っていことはありますか?

Q:もしあなたを雇ったらあなたは会社のために何ができますか?

Q:5年後のあなたは何をしていますか?

Q:この仕事は体をよく使いますが大丈夫ですか?

Q:週どのくらい働けますか?

Q:何か質問はありますか?

※よくある質問ですが、事前に考えておかないとすぐに答えるのが難しい質問もあります。自分は何ができるのか、将来どうなりたいのか、その会社の基本情報などは準備しておくべきです。

 

最後の質問の時に私がおすすめしたい質問が1つあります!!

それは「今のところはもう質問はないのですが、もし質問ができた時のためによろしければ、ご連絡先を教えていただけないでしょうか」です。

なぜこの質問をおすすめするかというと、この質問で個人的な名刺をもらうことができれば後にフォローアップがしやすくなるからです。

会社のメールアドレスにフォローアップするより個人のメールアドレスに連絡するほうが返信を受け取れる可能性が高く効果的です。

また、相手の名前の正確なスペルを知ることができます。名前を聞いてもスペルが書けないことはよくあります。これはメールを作成する際に必要になります。

僕は何度もこのことを忘れて、メールで相手の名前を書くべきところを採用担当者様と書いてメールを送っていました。

 

5、最後にもう一度お礼をして、面接会場を後にする

 

6、サンキューレターの作成

この時に相手の名前のスペルが必要になります!!

 

以上が今日僕が体験したことです。もし少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

実は今日の面接はハウスキーピングポジションの求人ではなく、フロントデスクの求人だったらしく仕事を採用の返信を受け取ることは難しいと思いますが、期待せずに待ちたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。