マニトバノミニープログラム、雇用主にしてもらうこと!!

今回はマニトバノミ二ープログラム申請にあたって、雇用主からサポートしてもらわなければならないことを投稿していきます。

 

僕はSkilled Workers in Manitobaのカテゴリーで申請しているので、雇用主からいくつかサポートしてもらわなければなりません。

 

簡単な流れを説明すると、LAAの取得後ジョブオファーが必要になります。

そしてMPNP審査通過後、永住権の審査期間中カナダに滞在できるビザがないと判断された申請者にはマニトバ州からWork Permit Support Letter(WPSL)が自動的に発行されます。永住権の申請者はWPSLをもとに就労ビザの申請をします。

この際に雇用者は Immigration, Refugee and Citizenship Canada (IRCC) Employer Portal に会社を登録する必要があります。また、そのサイトに雇用者を登録するために$230が必要になります。

その後パスポート,WPSL, IRCC登録ナンバー, IRCC登録の際のレシートを持ってカナダに再入国するかオンラインで就労ビザを申請します。

聞いたことのない言葉が多いと思うので、下に詳細を書いています。

 

 

雇用主にお願いすること

  • ジョブオファー、在籍証明書の作成(Letter of Advice to Applyを受け取った後必要)
  • IRCCへの会社を登録(就労ビザ申請の際に必要)
  • IRCCに就労ビザ申請者の名前を登録(登録料$230)

 

 

詳細

 

Work Permit Support Letter(WPSL)の取得の方法?

このサイトにはMPNP申請通過後かつ現在のビザの期間が2か月以上残った状態でMPNPオフィスに申請が必要と書いてあります。しかしMPNPオフィスに確認したところMPNPの申請に通過した人でビザの延長が必要と判断された人には自動的に発行されるので、特別な手続きはないとのことです。

 

なぜWork Permit Support Letter(WPSL)が必要なのか?

MPNPの場合、WPSLはマニトバ州から発行される就労ビザの取得の推薦状のようなものです。WPSLを持っていることで一般的に就労ビザを取得する際に必要になるLabour Market Impact Assessment(LMIA) の作成が免除されます。

 

LMIAとは?

僕も詳しく読んではないですが、LMIAは就労ビザ取得の際に雇用主が作成しなくてはならない書類です。外国人を雇う前にカナダ国内向けの求人活動を3か月以上しなければならない、カナダの平均収入以上の賃金をその労働者に支払っていなければならない、申請に$1000必要になるなどなど雇用主にかなり負担がかかる内容だったはずです。

 

Immigration, Refugee and Citizenship Canada (IRCC) Employer Portalの登録の仕方?

IRCCは雇用主が登録しなければなりません。登録はウェブサイトでできます。説明を読んだ限りでは必要なのは、会社名、パスワード、canada revenue agency business numberくらいのようです。おそらくcanada revenue agency business numberで会社の状態が確認できるのしょう。

もし、以前に就労ビザのサポートをしたことのある会社なら、会社の登録は済んでいるので申請者の登録だけですみます。

 

 

僕の失敗談

愚痴みたいになるのでここに書くべきかどうか迷ったのですが、僕のした失敗を皆さんにしてもらいたくないので失敗談を書かせてもらいます。

僕は学生ビザでカナダに入って5か月語学学校に行った後、2016年の9月28日にカナダのウィニペグにワーキングホリデービザで再入国しました。11月11日から今の職場で働かせてもらっています。

入社の際に上司とMPNPの申請のために長期の雇用がほしいことと、ビザの期限が2017年の9月28日までと話していて、協力もしてくれるとのことでした。この会社は他の州にも店があるような比較的大きな会社だったので、サポートをする資格があり、解雇の心配も少ないだろうと安心していました。また、この時は僕も雇用者に具体的にどのようなサポートをしてもらわなければならないのか知識がなく、あいまいに約束をしてしまいました。

働き始めてから4か月ぐらいたったころ、そろそろ申請の準備をしようと上司にジョブオファーの依頼をしました。ちなみにこの上司はカナダ人でMPNPの知識は全くありません。ジョブオファーは快く受け入れてくれて、「1年でも2年でも働いてくれていいよ」と言ってくれていました。

5月11日に入社して6か月になったのでEOIを作成しMPNPのウェブサイトに登録。

6月16日にLAAを受け取り、6月21日に申請完了。

このころ、ビザの期限が近づいてきたので延長の方法を調べ初めました。知り合いの方は皆さんはうまく1年から2年の就労ビザを取得されているので大丈夫だろうなんとなくこのころは思っていました。

調べている内に上記のようにRICCの登録、登録料の$230の支払いなど会社に説明しなければならないことに気づきます。MPNPオフィスの方によると、MPNP通過後担当者がそのことを直接説明するので自分で雇用主に説明しなくてもよいということでしたが、一応自分で説明してみました。

直属の上司は何も知らないので、ヘッドオフィスに確認してくれました。結果はジョブオファーの書類は作って上げれるけど、RICCの登録はできないとのこと????理由はこの会社ではカナダ市民もしくは永住権保有者のみ雇うことになっていて、労働ビザのサポートは行っていないとのことでした。なぜ僕が働けていたのかなぞですが、とりあえず、ダメなことはダメみたいでした。

そして現在ですが、ビザの期間が2か月を切り、今の会社で働く意味を失い、今後どうようか迷っているところです。

これからの選択肢

  • 新しい雇用主を見つけてカナダに滞在し永住権の申請を続ける。

※一か所の職場で6か月以上の就労経験かつ長期のジョブオファーがひつようなので、新しい雇用主を見つけた際に以前の就労経験を移せるかMPNPオフィスに確認中。MPNP通過後に詳しいことを話してもらえるとのこと(最低でも9月初め)...日本に帰るチケットも取れないし、仕事探す時間まったくないし。

  • すぐに永住権をあきらめて、日本に帰る。
  • 今の会社のベネフィットで2か月以内の就学プログラムの学費を全額払ってくれるので、Implied statusで3か月ビザを延長して学校に行く。

 

仕事を始める前に雇用主と話しておくべきこと!!

  • マニトバノミニープログラムで永住権の取得を考えていること
  • フルタイムかつ長期の雇用が必要なこと(フルタイム:週30時間以上 長期の雇用:1~2年)
  • 過去に就労ビザのサポート経験があるか
  • ジョブオファーの作成
  • RICCの登録と$230が必要なこと

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。この投稿が永住権の申請をめざす皆さんのお役に立つと幸いです。

[yop_poll id=”1″]

この投稿で不明な点がございましたら、コメントまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。できる限りお答えいたします。

 

 

ご協力のお願い

今まで実際にウィニペグでお会いしたり、このブログを通じて多くの方々にMPNPの申請を手伝ってもらいました。そうやって皆で集めた情報をこのブログに書くことで、今から永住権を取得しようとしている人たちの道しるべを作って行きたかったです。

しかし、僕のカナダでの生活は2017年の9月で終了させていただきます。なので、これからこのブログで永住権に関しての情報を投稿することはほとんどなくなると思います。

その代わりと言っては何ですが、このブログにMPNPについての情報を共有できる場所があるといいなと言うコメントをいただいていたので、Facebookに「マニトバ ノミニープログラム(MPNP)の掲示板」というグループを勝手に作らせていただきました。

すでに永住権を取得された方がいらっしゃいましたら、永住権を申請中の方、永住権の申請を考えている方を是非手助けしてほしいと思っています。

僕も喜んで手助けさせてもらいますので、MPNPでの永住権の申請について疑問のに思ったことをどんどん投稿してください。

あなたが疑問に思っていることは、きっと他の人も疑問に思っているはずです。

皆で疑問を共有しましょう!!

10 件のコメント

  • えーーーーーー。
    そんなことってあるんですか?カナダ人かPR保持者しか雇わないとか。。。最初から移民希望伝えてたのに。
    私は詳しいことは社長に告げてません。サポートは保証できない、と言われているので無理なら諦めて別の方法探すしかないと考えています。ただ、私の他にもMPNP目当てで働いている中国人がいるので、どうなるかその時になってみないと分かりませんが。。
    MPNP、運次第だなとつくづく思います。。シンジさんに幸運がありますように。ビジタービザの申請は考えていないのですか?

    • しずかさん!!そうなんですよ;;ビザのサポートのこと忘れられないように、時々話に出してたんですけどねー。話す人を間違えたのと、僕の情報不足でした。

      サポートしてもらえるのか努力次第ならいいですが、そもそもその職場がサポートする力があるのか聞いてみてはどうでしょうか?以前に就労ビザのサポート経験があれば問題ないと思いますけど。僕みたいにギリギリになってわかっても、そのあとの手段がかなり限られてますからね。

      応援ありがとうございます。今のところビジタービザの申請は考えてないです。なにかいい方法があるんですか?とりあえずビザが切れるまでMPNPの申請結果を待ってみて、新しい雇用主で申請が続けれそうだったら、仕事を探そうと思っています。最終手段はImplied statusで3か月ビザを延長しての仕事探しですかね。全部MPNPオフィスからの返信次第ですけど。。。

      • ビジタービザならとりあえず6ヶ月伸ばせるので、その間にカナダ国内で就職活動できるかな、と思ったのですがそこまでは考えていないですかね?就職と言ってもおそらく日系にはなるかと思いますけどね。

        この手の話、なかなか話しづらいんですよね。私以外の中国人の子(既に4ヶ月働いている)もMPNP狙いで来ているので、彼女に対して社長がどう動くか見るつもりです。ただ同胞に対しては動くけど、日本人の私に対しても同様に動いてくれるかは謎ですけどね。

        あと・・この会社に対して訴えるとかは考えていないんですか?最初から移民の話をしていて、マネージャーもそれを知っていたのに上に何も確認していなかったのって明らかに会社側の落ち度だと思うんですが。弁護士さんに相談してみるといいですよ。脅しの手紙書いてもらうだけでも何か違うかもしれないですし。私なら弁護士に相談してみますね。無料で相談に乗ってくれるとこ、あると思いますよ。

        • アドバイスありがとうございます。参考になります、6か月のうちに普通の手段で就労ビザを出してくれる会社を探すということですね。Implied statusで3か月ビザを延長してダメだった場合、選択肢の一つとして考えたいと思います。

          そうですよね、でももし可能なら社長さんと直接話すのがいいと思います。後はスーパーバイザーや同僚などに話して間接的にでも社長の耳に入るようにしておくとか?実際に動いてもらうのは社長ですからね!僕の職場のグループは大きすぎて社長を見たこともないし、支店長に相談したところで無駄でしたからね。とにかく、まだ選択肢が残っているうちに行動してみてはどうでしょうか?

          会社を訴えることは考えてないです。本心はどうか知りませんが会社の上司の方々はこの件に関して申し訳なさそうにしてくれてますし(行動の伴わない言葉なんて何の意味も無いと思いますけど)、自分の説明不足の面もあったとおもうので。長い時間を無駄にした気分ですが、少しでも得たことはあったので納得しています。

  • 通りすがりです。
    参考程度に聞いて頂ければ。。

    MITTに一年のコースが沢山ありますので、ワーホリビザが切れないうちに学生ビザに切り替えて学校に行き、一年のポスグラで再度ノミニー申請、という手もありますよ。
    MITTはIELTS overall6で入学できます。ワーホリビザが切れる前なら、学生ビザ切替は簡単にできます。

    ちなみにビジターやImplied statusになってしまうと、他のビザに切り替えたくても、カナダ国内申請ができないようです。学生ビザは、却下率が非常に高いと言われている LAにあるカナダ大使館に申請することになります。なのでワーホリビザが切れた後、結果的にノミニーが無理なら、帰国するしかないように思います。更にImplied statusになってから、将来的にカナダに再入国する時は色々と書類が必要で、結構面倒です。

    転職理由が「会社がサポートしてくれなかった」なら、オフィスに大目に見てもらえる可能性が高いと思います。同じ状況になって新しくフルタイムの仕事を見つけ、通った人を複数知っているので。彼らは皆、転職は会社の方針のせいであって、自分のせいではない事を主張したそうです。

    見聞きした情報を伝えるしか出来ませんが、幸運を祈ります!

    • No nameさん、コメントありがとうございます。知らない情報ばかりでとても参考になります。

      MITTという学校は知らなかったんですが、エンジニア系やホスピタリティ系などいろいろなプログラムがあるんですね。お金がかかることなので今すぐに決めることはできないですが、将来的な選択肢の一つにさせてもらおうと思います。

      Implied statusは考えていたんですが、カナダに際入国する際にそんな問題が発生するんですね。次の雇用主探しの際は、できるだけImplied statusのことは話さずに残り一か月で何とかジョブオファーを獲得できればと思います。

      No nameさんの知人の方にも僕のような状況になった人がいらっしゃるんですね。その方たちがうまく申請を進められているというのはとても励みになります。ちょうど今の会社から何かしらの書類を作ってもらって、MPNPに提出しようと考えていました。なんと書いてもらえばいいかと悩んでいたのですが、転職の理由は会社の方針のせいであって個人的な理由ではないということを書いてもらえば少しは有効な書類になりそうですね。

      いえいえ、No nameさんは僕よりも多くの情報をお持ちみたいですし、その情報を集めるために努力されたのだと思います。貴重な情報を分けていただいて本当に感謝しています。
      あと一か月でどう転ぶかわからないですが、できるだけのことはしようと思っています。もし、永住権の申請を先に進めることができた時はこのブログを更新させていきたいと思います。その時はどうか助言をよろしくお願いします^^

  • なんとも無念ですね。どうにかならないかな…。仕事を辞めるといったん通ったノミニーが取り消される事もあるので、転職して、どうにか仕事を続けたほうがよさそうですよね。なにか私にできることがあればよいのですが、今度お話しできたらいいですね。

    これからのかたへ向けてになってしまいますが、現地系の会社で、移民がいない会社ほど、移民申請に関わることを煙たがるのかもしれませんね。かえって、移民がたくさんいる飲食系のほうが、やりがいには欠けますが、会社側が慣れているぶん移民申請には抵抗がないのかもしれません。ノミニーにも通ったあとに、会社からワークビザ延長のための$230 支払いと書類へのサイン拒否された人を知っています。

    MPNP がDraw 方式になり、申請からノミニーまでの時間が長くかかるようになってから、ワーホリビザと1年分のポスグラからのMPNP は、難しくなってきていると感じます。カナダでの就職は難しいうえに、やっとこぎつけた面接でいきなりMPNP への一連のサポートを頼むのも、採用を敬遠されそうで、気が引けます。

    とにかくいまは、しんじさんが、カナダに残れる道を拓くことですよね。私はしがない移民のひとりですが、先の見えない就職活動を乗り越えた者です。なにかお力になれないでしょうか。

    • A PNP applicantさん、いつも投稿を読んでいただいてありがとうございます。永住権申請の経験者からの情報とてもためになります。

      どうにかならないですかね~ 今のところ僕がしているのは新しい雇用主を探すことと、現在の雇用主と新しい雇用主からのMPNPに対するサポートレターの作成です。MPNPの申請が認められない限りカナダに滞在できないでしたし、仕事もできないのでどうにかしないとですね…

      残念なことですが、僕と同じような状況になった方は多くいるようですね。これからMPNPの申請をされる方はそんなことにならないように、気まずいかもしれませんが仕事を始める前にこのことについて雇用主とよく話あってほしいと思います。

      応援ありがとうございます。今僕に必要なのは新しい雇用主ですかね… まあ、カナダに残るにしても日本に帰るにしてもA PNP applicantさんには一度会ってお礼をしなくちゃいけないので、ぜひ今度どこかでお話しましょう^^

  • その後の進展や、お仕事探しは、その後どうですか。よい進展がある事を願っています。もし、転職がいまの打開策であるなら、ご存知かと思いますが、とにかくレジュメを出しに出しまくるしかないですよね。カナダはコネ社会と言われていますが、コネがなくともどこかしらは連絡くれますよ。私は、コネなしで、半月で70件以上レジュメを出して、4社は面接にたどり着き、2社は採用をもらいました。

    お礼なんて、私は何もしていませんが、就職活動に関しての情報交換などお互い連絡が取れたらいいですね!ここにじかにメールは書けないし、果たしてどうしたらよいのですかね?

    • こんばんはA PNP applicantさん!!いつもブログにコメントをしていただいき、ありがとうございます。

      今の会社を辞めることになってからのその後は、友人の紹介で一つ面接をしてもらえることになりました。その会社にはスキルドワーカーでMPNPを申請している方が何人かいるそうなのですが、まだ僕のビザの状況について詳しく話せていないので採用してもらえるかはわかりません。

      A PNP applicantさんもつらい時期を乗り越えてこられたのですね。他の州での就学経験もあるのでMPNPの申請が通るかも定かではないですが、僕もとにかくレジュメを落として就職活動は続けていくつもりです。何か情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

      連絡先ですが、コメント欄ではなくお問い合わせのほうで連絡していただければメールアドレスを受け取れると思います。それかFacebookでShinji Nishiと調べていただいて連絡していただくこともできると思います。お手数ですがよろしくお願いします^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です